CBDオイルはドンキホーテで買っても大丈夫?損しないためのガイド

CBDオイルはドンキホーテで買っても大丈夫?CBDリキッド、CBDグミ、CBDペンが人気ですが、ドンキホーテで損しないための情報をご紹介。

CBDリキッドを吸いすぎると?効きすぎても安静にしていれば大丈夫

CBDリキッドを吸いすぎると?効きすぎても安静にしていれば大丈夫

CBDリキッドを吸いすぎてしまった場合、どうすればいい?

CBDは1日の摂取回数が決まっておらず、摂取し過ぎても健康を害するようなことはありません。

これはCBDが水溶性となっているためであり、摂取したヘンプは汗や尿と一緒に排出されるので効きすぎるということもなくいつまでも愛用し続けられます。

たとえば体重70kgの方の場合、1日10回ほど吸引すると体内に約12.6mgのヘンプを蓄積する計算になり、若干眠たい・だるいといった体の変化を感じる場合があります。

この時はたっぷりと水分を補給してから横になれば問題はありません。あとは摂取した分は尿などと一緒に排出されたら違和感は取れます。

効きすぎないという立証はアメリカの大学で動物実験を通してなされており、神経学・精神病理学の2つの観点からも高い安全性が確認されました。

効きすぎる心配がないため、短時間に複数回の吸引をおこなう方もいますが、この時だけは排出が間に合わず一時的に眠気という形で体の変化がでますが、これは副作用というほど深刻なものでもなく、むしろリラックス状態になっているといえるでしょう。

CBCの正しい使用法としては、1時間に多くても2回までの吸引にして水分をたくさん摂ることで安全に使用していけます。

悪影響の心配はない!科学的な根拠とは?

CBDは基本的に副作用の心配がない安全性の高いものです。

アメリカでは700人を対象に臨床実験をおこない、糖尿病・高血圧症・心臓病等の疾患を有する方と健康な方を交えて約2週間CBDを摂取後の血液検査数値を公表しました。

この実験では摂取前と摂取後の変化は見られず、さらに疾患を持つ方々が日頃服用している薬との飲み合わせもチェックしても何ら問題はありません。

科学的な視点からも安全性を証明されてるので、どなたでも愛用することができるといえるでしょう。

そもそもCBDは天然由来成分のヘンプで構成されているものなので、健康を害するような心配のないものです。

そのため副作用を気にする必要はありませんが、得られるリラックス効果の中には「眠気」「だるい」を感じる方も中にはいます。

この度合いは個人差が大きいですが、摂取したあとは注意力が必要な自動車やバイク運転を一定時間だけ控えるのが好ましいです。

基本的にリラックスを得るためのアイテムなので、自宅や職場などくつろげる場所で用いるのが望ましいといえます。

また、体内に蓄積されるヘンプのリン酸ナトリウムという成分を体外に排出するためにも、たくさんの水分を摂取するようにしましょう。