CBDオイルはドンキホーテで買っても大丈夫?損しないためのガイド

CBDオイルはドンキホーテで買っても大丈夫?CBDリキッド、CBDグミ、CBDペンが人気ですが、ドンキホーテで損しないための情報をご紹介。

CBDで「ラリる」ことはない!合法なCBDが主成分だから

CBDで「ラリる」ことはない!合法なCBDが主成分だから

CBDでラリることはない!THCではなくCBDが主成分だから

CBD(カンナビジオール)を使った製品は、日本でも通販などで手軽に購入できます。

麻から抽出された成分を使っているというと違法な薬物のように思えますが、CBDは精神作用がないのでラリることがない合法的な成分です。

違法となるのは、同じ麻から抽出されラリる原因となるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と言う成分が入っているときだけです。

THCは、体内に入ると脳の受容体と結びつき活性化させます。すると多幸感・陶酔感・幻覚などの精神変容作用が生まれます。

THCを含んだ薬を使えば、何もかもが楽しく幸せな状態になると同時に、幻覚や妄想に襲われて「ラリる」と呼ばれる状態になります。

ただ幸せな気分になるだけであればよいのですが、幻覚や妄想はひどいときには殺人や交通事故などを引き起こす要因となりますから非常に危険です。

またTHCは長期間の使用をすれば、脳が変質し記憶や思考などが鈍くなり、運動機能が低下します。

それ以外にも心肺機能が落ち、免疫も衰え感染症やガンを発症するリスクも高まります。

市販されているCBDオイル・リキッドはTHCがある麻を原材料としているのに、どうしてTHCが入っていないのかというと、種と茎から成分が抽出されているからです。

THCが主に含まれるのは麻の花・葉・穂なので、そこを避けることでTHCの含有量を検出不能(Not-Detected)というレベルにできます。

気化摂取すると効率がいい?

CBDはラリることはないですが、ECS(身体調節機能)を活性化させる効果があります。

具合的には不安を和らげたり、炎症や痛みを鎮めたり、抗菌・抗酸化などの働きがあると臨床試験で明らかになっています。

そのように心身のケアができるCBDですが、摂取する方法はいくつかあります。

代表的なものだと舌下に液体やペースト状のCBDを入れて摂取する方法、サプリメントのようにカプセルを服用する方法、そして蒸気を吸引する気化摂取と言う方法です。

この中で最も効率的な方法は気化摂取で、肺からCBDを取り入れることで多くの成分が体に吸収され利用されます。

そのように体に取り入れられた薬物が体で利用される割合を整体利用率と呼びますが、気化吸引は整体利用率が高いので少量使うだけで舌下からの摂取やカプセルを服用するのと同じくらいの効果が生まれます。

気化摂取をしたいときには、電子タバコのような道具を使い蒸気を吸い込む方法が一般的です。

喫煙者であればCBDのリキッド・オイルを普段吸っているタバコに垂らすことで、気化摂取ができます。

その際に使用するCBDのリキッド・オイルは、火を付ける側に垂らしておきましょう。くれぐれも口をつける側と間違えないようにしてください。